辛い皮膚病からペットを守ろう│初期症状について把握する

ペットショップでも買える

犬を販売している業者としてメジャーなものに、ペットショップがあります。ペットショップは訪れやすく、ペット用品も揃えることができます。またその他にブリーダーを利用して犬を購入する方法も、選ぶことができます。

犬

大切な社会化

トイプードルはブリーダーから購入すると、希望の血統の子犬が手に入ったり、飼い始めた後にもアドバイスをもらうことができます。自宅に近い場所に住んでいるブリーダーから購入すると、アドバイスが貰いやすくなるでしょう。

ドッグ

日本犬の中で別格の存在

まっすぐな性格の柴犬が欲しいのなら、のびのびとストレスなく育てているブリーダーから購入しましょう。また、豆柴を購入したい場合は、サイズが決まっているわけではありませんので、小さなサイズを手に入れるためには犬舎に訪れて親のサイズを確認する必要があります。

さまざまな症状

動物病院

かゆみと炎症が起こります

ペットの皮膚病であらわれる症状にはさまざまなものがあります。代表的な症状としてはかゆみを伴うものです。常在菌が急激に増加して、炎症を引き起こし、ペットにかゆみが生じます。これは細菌が原因で起こっているので、この症状は正式には細菌性皮膚炎といいます。また、カビの感染によってかゆみが生じることもあります。この症状は正式には真菌性皮膚炎といいます。ペットの皮膚は普段はバリア機能によって守られています。細菌に対してもカビに対しても、その感染を抑制する力を持っているのです。しかしながら、このバリア機能が少しでも低下するとすぐに感染してかゆみが出てきます。細菌にせよカビにせよ、いずれの症状も治療するには数ヶ月単位でかかります。根気よく治療しましょう。また、皮膚病には脂漏症という症状もあります。これは肌がベタベタするというものです。皮脂が過剰に分泌されることが原因です。肌が単にベタベタになるだけであれば特に問題はありませんが、二次的な症状も引き起こします。過剰分泌された皮脂が空気に触れて酸化する量が多くなると、炎症を引き起こすことがあります。さらには、かゆみや発疹も見られる場合もあります。このように、ペットの皮膚病にはさまざまな症状があります。できるだけ初期症状が出ている段階で動物病院に行きましょう。皮膚病は総じて完治するのに時間がかかりますので、普段からしっかりとペットの様子を見てあげることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加